不動産買取とは?仲介との違いやメリット・デメリットについて解説!

2024-03-26

不動産買取とは?仲介との違いやメリット・デメリットについて解説!

この記事のハイライト
●買取の仲介との違いは、短期間で確実に売却を完了できること
●買取には「近隣に知られにくい」「契約不適合責任が免除される」などのメリットがある
●買取の場合、仲介よりも売却価格が安くなる点がデメリットである

不動産を売却する方法といえば、多くの方はまず「仲介」をイメージするのではないでしょうか。
しかし、「買取」という方法もあることをご存じですか?
不動産売却時の状況によっては、仲介より買取を選択したほうが納得のいく結果につながるかもしれません。
そこで今回は、買取と仲介の仕組みの違いや、仲介と比較した場合の買取のメリット・デメリットについて解説します。
山口県山口市で不動産の売却を検討されている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

\お気軽にご相談ください!/

不動産の売却方法は大きくわけて2種類!買取と仲介の違いとは

不動産の売却方法は大きくわけて2種類!買取と仲介の違いとは

不動産を売却する方法は「仲介」だけではありません。
仲介とは仕組みが大きく異なる「買取」という方法があります。
不動産を売却する際には、仲介と買取の違いを知り、どちらが適しているのかを判断できるようにしておくと安心です。
ここではまず、買取と仲介の違いについて、ポイントごとに解説します。

買取と仲介の違い1:売却する相手

仲介とは、不動産会社と媒介契約を結び、売却活動をして買主を探す売却方法です。
そのため、主に個人の方が買主となります。
一方、買取とは、不動産会社が売主から不動産を直接買い取る方法です。
そのため、買主は個人ではなく買取をおこなった不動産会社という違いがあります。

買取と仲介の違い2:売却にかかる期間

仲介の場合、買主を見つけるための売却活動をおこないます。
売却活動とは、チラシのポスティングや新聞折込、不動産情報サイトへの情報掲出、不動産会社の顧客への案内、内覧対応などです。
仲介では買主が見つからなければ次のステップに進めないため、買主探しの期間が全体のスケジュールに大きく影響するとえいるでしょう。
また、購入希望者が見つかったあとも、相手との売却条件の交渉や売買契約の締結、決済、引き渡しなどのプロセスがあります。
そのため、はやくても売却には3か月ほどの期間が必要です。
一方、買取の場合は買主を探す必要がありません。
不動産会社に査定を依頼し、査定価格や買取条件に納得がいけば売買契約に進むことが可能です。
そのため、早ければ数日、長くても1か月程度あれば売却が完了します。

買取と仲介の違い3:売却価格

仲介では、売却活動をおこないながら、売主が希望する売却条件に沿って買主を探すため、市場の相場価格に近い条件で売却できるケースが多いといえるでしょう。
「希望の条件で売れるまで売却活動を続ける」ということも可能です。
一方、買取の場合、売却価格が市場の相場より3割ほど安くなる傾向にあります。
これは、買取をおこなった不動産会社が、不動産に修繕などをしてから再販するための費用が必要だからです。

買取には「即時買取」と「買取保証」がある

買取には2つの種類があり、それぞれ特徴が異なります。
「即時買取」とは、文字どおり、買取を依頼してからすぐに条件交渉や売買契約へと進む方法です。
一般的に「買取」という言葉を使うときは、即時買取のことを指しているケースが多いといえるでしょう。
一方、「買取保証」は、即時買取と仲介の特徴を併せ持った売却方法です。
一定期間は不動産会社と媒介契約を結んで売却活動を進め、期間内に買主が見つからなければ、あらかじめ取り決めていた価格で不動産会社が買取をおこないます。

▼この記事も読まれています
不動産売却における分筆とは?メリットや方法を解説

\お気軽にご相談ください!/

不動産を買取で売却するメリットとは?仲介と比較して解説!

不動産を買取で売却するメリットとは?仲介と比較して解説!

即時買取や買取保証を利用して不動産を売却すると、どのようなメリットがあるのでしょうか。
ここでは、仲介で不動産を売却した場合と比較しながら、買取のメリットについて解説します。

買取のメリット1:短期間での売却が可能

買取の大きな特徴の1つが、短期間で売却を完了できる点です。
「すぐにまとまった資金が必要」「住宅ローンの支払いが苦しい」など、とにかく早く不動産を現金化したい方にとっては、大きなメリットだといえます。
仲介の場合、引き渡しまでのプロセスが多いだけでなく、買主が見つからなければ売却を進めることができません。

買取のメリット2:売却の計画が立てやすい

仲介では、「〇か月後までに売却できる」という保証はありません。
そのため、「数か月後に転勤が決まっている」「離婚をするので〇月までに売却したい」といった売却期限がある方には、買取がおすすめです。
買取保証を利用すれば、仲介で高く売却できる可能性にも挑戦しつつ、期限内に買主が見つからなければ買取に切り替えることができます。

買取のメリット3:契約不適合責任に問われない

不動産売却をすると、売主は買主から「契約不適合責任」に問われるリスクがあります。
契約不適合責任とは、売買契約の内容と異なる状態の不動産を引き渡した場合、売主が負うべき責任のことです。
たとえば売買契約書に記載していなかった雨漏りやシロアリ被害などが売却後に発覚した場合、売主は買主から損害賠償や契約解除を求められる可能性があります。
しかし、買取の場合、契約不適合責任に問われるリスクはほとんどありません。
これは、不動産のプロである不動産会社が、対象不動産の状態を理解したうえで買主となるからです。
買取では多くの場合、契約不適合責任を免責とする契約内容になっています。

買取のメリット4:近隣に知られずに売却できる

不動産を売却する理由によっては、近隣住民に売却のことを知られたくないという方もいるのではないでしょうか。
仲介の場合、周辺エリアへのチラシのポスティングや現地での内覧会などをおこなうため、どうしても近隣に売却のことが知られやすくなります。
買取の場合は売却活動をおこなわず、基本的に不動産会社とのやりとりしか発生しないため、退去するまでは売却のことを近隣に知られる可能性が低いといえるでしょう。

▼この記事も読まれています
不動産売却時に消費税は課税される?非課税のケースと注意点も解説

\お気軽にご相談ください!/

不動産を買取で売却するデメリットとは?仲介と比較して解説!

不動産を買取で売却するデメリットとは?仲介と比較して解説!

買取には多くのメリットがありますが、利用の際にはデメリットの部分についても理解しておきましょう。
ここでは、買取のデメリットを仲介と比較しながら解説します。

買取のデメリット1:売却価格が安くなる

先ほどもお伝えしたとおり、買取を利用した場合、仲介の場合よりも売却価格が安くなるというデメリットがあります。
市場の相場価格と比較すると、1割~3割ほど安くなると考えておきましょう。
これは、売主の契約不適合責任を免責とするリスクや、買取した建物を修繕するための費用を、不動産会社が負担しなければならないからです。

買取のデメリット2:買取不可の不動産もある

基本的に、買取された不動産はメンテナンスやリフォームをしたうえで再販されることになります。
そのため、売却時に不動産の状態が悪くても、あまり問題になることはありません。
仲介では売却前にリフォームが必要になるケースもあるため、売却にお金がかからない点は買取のメリットだといえます。
しかし、「再建築不可の土地」「需要がないエリア」「修繕にあまりにもお金がかかる」「事故物件」などの不動産では、再販が難しいとして買取不可となる場合もあるため注意が必要です。
判断が難しい場合は、まず不動産会社にご相談ください。

▼この記事も読まれています
不動産の売却益とは?計算方法や節税方法もご紹介!

まとめ

不動産売却では「仲介」を選ぶ方が多いですが、状況によっては「買取」が適しているケースもあります。
売却する不動産の状態や、ご自身が不動産売却に求める条件などを整理したうえで、買取を利用するメリットとデメリットを比較してみましょう。
売却スケジュールに余裕がある方は、仲介と買取の特徴を併せ持った「買取保証」もおすすめですよ。
山口市内の不動産買取は株式会社東武住販 山口店へ。
創業昭和59年の信頼と実績があり、中古住宅・土地・マンションなど幅広くご提案が可能です。
とくに不動産買取に強みを持ち、エキスパート集団が真摯に対応させていただきますので、お気軽にご相談ください。


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-017-102

営業時間
09:30~18:00
定休日
水曜日

売却査定

お問い合わせ