不動産売却の買取とは?仲介の違いとメリット・デメリットを解説

2022-06-14

不動産売却の買取とは?仲介の違いとメリット・デメリットを解説

この記事のハイライト
●不動産買取と仲介の違いとは、不動産会社が直接買主となるかどうかの違いがある
●仲介と比較して不動産買取には、仲介手数料をかけずに売却することができるというメリットがある
●不動産買取では仲介と比べて売却価格が下がるデメリットがある

不動産売却における売却方法には「買取」と「仲介」という方法があります。
この2種類の売却方法にはそれぞれメリットやデメリットがありますが、それぞれの特徴をしっかりと理解している方は多くはありません。
この2種類の内容を理解しておくことで、売却を検討している不動産や自身の環境における最適な方法でスムーズに不動産売却をおこなえるでしょう。
ここでは、不動産売却における買取と仲介の違いやメリットとデメリットについて解説していきます。
山口県山口市で不動産の売却を検討中の方は、内容を確認してみてください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産買取と仲介の違いとは何か

不動産買取と仲介の違いとは何か

不動産を売却する方法には買取と仲介の二つの方法があります。
ここでは買取と仲介の違いについて解説していきます。

不動産売却の仲介とは

一般的な不動産の売却方法にあたるのが、仲介です。
仲介とは、売却したい不動産の所有者でもある売主が不動産会社を介して、購入者を探し、売却するという方法です。
まずは、不動産会社が売却価格の査定をおこなった後、不動産会社と媒介契約を結び、不動産会社に売却活動を依頼します。
不動産会社が広告などを出して売却活動をおこない、買主を探し、買主と売主を仲介して売買契約がスムーズにおこなえるように取りまとめます。

不動産売却の買取とは

一方、不動産買取とは不動産会社が買主となり直接売主から不動産を購入します。
そのため、広告や販売期間などを設ける必要がなく、仲介による売却と比べて素早く売却することができます。
しかし、不動産会社は不動産を購入後リフォームやリノベーションをおこない、新たに不動産市場で売却するため、仲介で個人に売却するよりも買取では売却価格は下がります。
このように買取による売却にはさまざまなメリットやデメリットが生じますので、それぞれ詳しく解説していきます。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

仲介と比較した不動産買取のメリットとは

仲介と比較した不動産買取のメリットとは

仲介とは違う売却方法となりますが、さまざまなメリットがあります。

仲介手数料が発生しない

仲介による不動産の売却では価格が400万円超えの場合、売却価格の最大3%の仲介手数料がかかります。
しかし、買取の場合では不動産会社が直接買主となり購入しますので、仲介手数料がかかりません。

短期間で売却できる

仲介では、個人の買主を見つけるために、不動産会社が広告を使用したり、既存顧客にアプローチして内見を段取りしたりするため、売却が完了するまでに一定の期間が必要となります。
しかし、買取の場合は不動産会社が直接購入するため、広告を使用する必要もなく場合によっては内見もせずに売却をすることができます。
また、個人が購入する場合にはほとんどが住宅ローンを使用するため、審査や実行するまでの期間が必要です。
不動産会社が購入する場合、住宅ローンを使用せずに購入できるため、審査にかかってい期間が短縮され、引き渡しが早く、短期間で売却を実行することができます。

契約不適合責任が免除できる

契約不適合責任とは、不動産売買において契約の内容と物件の状態に異なる点があった場合、売主が責任を負うというものです。
そのため、売主は、売却する際に契約内容と差異が生じないように細心の注意を払わなければならず、場合によっては契約解除にもなりうることもあるため、売主にとってリスクになるといえます。
しかし、買取では買主が不動産会社となるため、契約不適合責任は免除となります。
このような点から、買取では売主のリスクを最小限に抑えて売却をすることができます。

近隣に知られずに売却することができる

仲介で売却をする場合には、広告を使用したり、購入希望者が頻繁に内見に訪れたりするため、近隣に売却していることが知られてしまうでしょう。
しかし、買取は広告を使用せずに売却をおこなうことができ、内見に訪れることも減るため、近隣に知られずに売却したい方には向いている方法です。

残置物をそのまま処分できる

不動産売却において残置物が残ってしまう場合には、一般的には売主が残置物を処分しないといけません。
仲介であれば、買主と相談して何を残置物として残すかの交渉をすることもできますが、不動産会社による買取の場合は残置物の処分も含めて買取依頼ができるため、処分をする手間や時間、費用をかけずに売却することができます。
そのため、相続物件で荷物が多く残ってしまっていて処分方法に困っている場合も買取による売却を検討してみると良いでしょう。

買取に向いている方とは

不動産買取にはこれらのようなメリットがありますので、住み替えなどで売却しないといけない時期が確定している場合や、直ぐに現金化したい方は買取が向いているでしょう。
また、条件が良くなく1年程度売れていない不動産なども買取がおすすめです。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

仲介と比較した不動産買取のデメリットとは

仲介と比較した不動産買取のデメリットとは

不動産の買取にはさまざまなメリットがありましたが、同様にデメリットもあります。
デメリットも理解したうえで、買取を検討してみると良いでしょう。

売却価格が下がる

仲介での売却では、不動産市場に不動産情報を掲載して主に個人の方の購入者を探していきます。
時間がかかってはしまいますが、物件の条件が悪くなければ市場の相場価格で売却することができます。
対して、買取は確実に売却することができる反面、不動産会社が購入後にリノベーションなどをおこない付加価値を加えてから不動産市場にて売却をするため、売却価格が市場価格よりも下がってしまいます。
しかし、確実に売却できる点はメリットとして大きいでしょう。
市場に出していてもなかなか売れない場合、その期間分建物が劣化していくだけでなく、売れない不動産というイメージがついてしまい、売り出し価格と同様の価格では売れなくなってしまいます。
その点買取では、建物が一番新しい状態を評価して確実に売却することができます。
売却価格こそ下がってはしまいますが、すぐに確実に売却したい方には向いている売却方法です。

買取できない可能性もある

買取では、買取後に手を加えれば仲介でも売却できることを想定していますので、手を加えても売却することが難しいと判断される場合は買取できない可能性があります。
例えば、再建築不可と呼ばれる道路と接道していない不動産や建ぺい率を超過してしまっており、違法建築となっている不動産などは手を加えても売却が難しいので買取できないケースがあります。
そのためまずは一度、不動産会社に買取ができるかの相談をしてみましょう。
資料で大まかな判断はできますが、場合によっては中も見てから判断することとなりますので、準備はしておきましょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

不動産の売却方法には買取と仲介の2種類の方法があります。
買取では、売却価格が下がってしまいますが条件の悪い不動産や売却しないといけない期日がある場合には向いている売却方法です。
売却を検討している不動産や自分の環境をよく考えて条件に合う方の売却方法を検討してみると良いでしょう。
山口県山口市で不動産売却をご検討中の方で、どちらが向いているか判断が難しい場合には、株式会社東武住販山口店にお気軽にご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

083-933-1006

営業時間
09:30~18:00
定休日
水曜日

売却査定

お問い合わせ